フレッシュボイステレワークパッケージ
CONTACT

テレワークの必要性に疑問を感じる人に知ってほしい3つの理由

テレワークパッケージ トップ > テレワークとは >  テレワークの必要性に疑問を感じる人に知ってほしい3つの理由

テレワークの必要性に疑問を感じる人に知ってほしい3つの理由

テレワークが必要な理由その1優秀な人材を逃さないで済む

企業にとってテレワークが必要な理由としてまず挙げられるのは、優秀な人材を逃してしまわずに済む場合が多くなるという点です。

例えば、それまではある企業でバリバリと働いて優秀な業績を上げていた人が、子育てや親の介護などの理由で、会社に行って長い時間働き続けることが難しくなってしまった場合を考えてみましょう。

従来の働き方しか選択できない企業では、残念ながら退職せざるを得なくなる場合が少なくありませんでした。

それではせっかく時間をかけて育てた貴重な人材をみすみす逃してしまうことになり、企業にとっては大きな損失になってしまいます。

しかし、テレワークを導入した企業であれば、働き方を変えてそのまま勤め続けることが可能となります。

それはテレワークが使えれば必ずしも会社に行く必要がなくなるからで、子育てや介護をしながらでも時間を上手く捻出できれば、自宅にいながら企業の役に立てるのです。

そういったように、事情があってそれまでと同じようには働けなくなってしまう優秀な社員を、働き方の形態を変えて役立ってもらい続けられるという点は、テレワークの大きなメリットなのです。

 

テレワークが必要な理由その2コストが削減できる

企業にとってコストの削減はとても大事な課題の一つです。

そして、テレワークの必要な理由の一つには、そのコストを効果的に削減できるというものも考えられます。

テレワークを導入すれば自宅で仕事をする人が増えるなどの理由から、全ての社員が一つのオフィスに集まって働く必要がなくなります。

それにより、高い賃貸料を払って広いオフィスを使う必要がなくなる上に、使用する電気代も安くなるので、大幅にコストを削減することが期待できるのです。

また、従来は報告書や会議の資料などの書類には、紙に印刷したものを使用するのが主流でしたが、テレワークが導入されれば電子ファイルを使用することが多くなります。

そのため、紙の購入や印刷にかかる費用や、紙の書類を保管するスペースを確保するための費用などが削減できます。

このようにしてコストが削減できれば、その分を企業が成長するために使えるようになるでしょう。

 

テレワークが必要な理由その3生産性が向上する

テレワークが必要な理由として最後に挙げられるのが、企業の生産性が向上することです。

多くの企業においてテレワークの導入が進んでいるのは、実はこの点が特に大きく関係していると言えるかも知れません。

従来の働き方においては、多くの社員が出勤する際に少なくない時間と労力を使っていました。

しかしテレワークが導入されれば、とても疲れる満員電車での移動や、神経を使う自動車の運転などによって無駄に消費してしまう体力と集中力を、仕事だけにつぎ込むことが可能になります。

また出社する必要がなくなれば、会社内での人間関係が上手く行かないことに悩まされて仕事に身が入らなくなったり、周囲の社員が発する声や雑音によって集中が乱されてしまったりといった問題も起こりにくくなるでしょう。

このようにして仕事に集中できる社員が増えれば、企業の生産性が自然に高まることが期待できるのです。

 

テレワークの導入による効果はこれから大きく発揮される

テレワークの必要性に疑問を感じる人がいるのは、テレワークという新しいシステムが、その企業において真の効果をまだ発揮していないからだと考えられます。

日本におけるテレワークの歴史は始まったばかりなので、まだ活用のされ方が十分でない場合もあるでしょう。

しかし、これからますます働き方改革が進められていく中で、テレワークが活かされる場面も多くなっていくことが予想されます。

そのため、テレワークの効果はこれから大きく発揮されるようになると考えられるのです。

 

関連記事