フレッシュボイステレワークパッケージ
CONTACT

テレワークを導入する目的は?今なぜ注目されているの?

テレワークパッケージ トップ > テレワークとは >  テレワークを導入する目的は?今なぜ注目されているの?

テレワークを導入する目的は?今なぜ注目されているの?

テレワークが注目されている理由とは

現代社会においてテレワークが注目されているのは情報技術が発達してきた影響でテレワークを効果的な形で実現できるようになったからです。パソコンやスマートフォン、タブレットなどの情報端末があればインターネットを介してリアルタイムでの情報共有ができるようになっています。

業務内容によってはオフィスで仕事をしなくても良い場合もあり、業務の進捗管理や勤怠管理などが行えていれば問題はありません。インターネットを介して情報共有をしていれば在宅ワークの状況も管理することは容易です。

また、外勤となるとオフィスに来る必要すらないため、テレワークを導入するのが合理的だと考えられるでしょう。ウェブ会議システムやテレビ電話、チャットやメールなどを利用すればオフィスにいる従業員とのコミュニケーションも円滑に取ることができます。

情報技術の発展が新たなワークスタイルを効率的に稼働させる下地を生み出したことでテレワークへの注目度が高まっているのです。

一方、ワークライフバランスを充実させたいという人が増えているのも今になってテレワークの導入が進んでいる重要な理由です。

在宅ワークは仕事だけでなくプライベートも重視した生活を送れるワークスタイルです。それを希望する人を採用するにはテレワークを企業として導入することが必要になります。

社会的なニーズの変化に応じるために導入を進めている企業も多いのが実情です。

 

企業がテレワークを導入する目的とは

企業がテレワークを導入する目的として多いのが生産性の向上です。

テレワークを導入した際の従業員の働き方として典型的なのが外勤と在宅勤務でしょう。外回りの営業だけを専門の業務とする人材を確保すると、オフィスに立ち寄ることなく自宅から直接営業先に行けるようになります。

そして、営業報告も空き時間に外部から行ってもらうことができるため、オフィスへの無駄な移動時間を省くことが可能です。これが単位時間あたりの仕事量を増やすことにつながって生産性が向上します。

一方、在宅勤務の場合には自宅の自由な環境で従業員が仕事に従事できるようになるため、オフィスで働くよりも作業効率が向上するでしょう。同僚とのコミュニケーションを頻繁に行う必要もなくなり、オフィス特有の雑音も耳に入らないからです。

オフィスへの往復のために時間や労力を費やさなくて良いため、従業員の体力や気力という面でもプラス効果を期待できます。この結果としてやはり生産性の向上を望めるのです。

また、企業としては優秀な人材を確保することも重要になります。

自由なワークスタイルで働きたいと考えて職を探している人を獲得できるようになる可能性があるのがテレワークの導入です。企業に大きな貢献をしてくれる可能性のある人材を逃さないようにする方法としてもテレワークの導入が検討されています。

 

生産性の向上がもたらすメリットとは

テレワークの導入によって生産性が向上するメリットとして、企業にとっては収益が高まることがまず挙げられます。従業員一人あたりの売上が増えることになるからです。

また、従業員としてはモチベーションが上がりやすいというメリットがあります。生産性が上がるときには従業員も自分の仕事を達成して明確な成果を上げることになり、それが仕事のやりがいを認識することにつながるからです。

結果として誠心誠意を込めて仕事に従事するようになるケースも多く、生産性がさらに向上するという良い循環をもたらすことも期待できます。

これは収益の観点からも同様であり、インセンティブとして従業員に還元してモチベーションを上げたり、余裕ができた予算を事業拡大のための投資費用として用いてさらに収益性の高い事業を展開したりすることが可能です。

 

関連記事