フレッシュボイステレワークパッケージ
CONTACT

テレワークでも簡単に利用できるおすすめ勤怠管理システム3選を紹介!

テレワークパッケージ トップ > テレワークとは >  テレワークでも簡単に利用できるおすすめ勤怠管理システム3選を紹介!

テレワークでも簡単に利用できるおすすめ勤怠管理システム3選を紹介!

0円からでも利用可能な勤怠管理システム!

最初に紹介するのは「スマレジ・タイムカード」の勤怠管理システムで、0円からでも勤怠管理を行う事が可能です。

スマレジ・タイムカードはパソコンやスマートフォンなどにも対応している上、無料でタイムレコーダーが利用できるようになっています。また利用し始めて他の機能も使いたい場合は、月4000円の有料プランに切り替える事もできます。

さらに様々な機能もあり、例えば勤怠管理では、画面タッチや写真撮影など利用しやすいようにワンタッチで記録してくれます。不正防止機能が備わっているので安心かつ効率的な勤怠管理ができると言えるでしょう。

給与計算機能では、割増や時間外、休日手当など複雑な計算にも対応した上で、記録された勤怠実績によって自動的に給与を計算してくれます。

プロジェクト管理機能では、勤怠情報などからプロジェクトの進捗状況や予算の消化率などを正確に把握する事ができます。他にも休暇管理や日報管理などの機能も備わっています。

 

パソコンが苦手な方も安心して利用できる!

次に紹介するのは「Touch on Time」の勤怠管理システムです。導入企業11,000社以上、ユーザー数68万人という信頼性や実績を持っている勤怠管理システムと言えます。

従業員ID、指紋認証、パスワード入力という3つの勤怠管理方法から選べる所が特徴となっています。パソコンが必要ないタッチオンタイムレコーダーを採用しているので、パソコンが苦手な方でも問題なく利用できます。

一人当たり月額300円の利用料金で、出退勤管理やシフト作成など様々な機能が使えるようになっています。オプションを追加した場合でも、その費用は発生しないのでコストパフォーマンスにも優れています。

またサーバー不要で初期費用も無料なので、タイムレコーダーを用意するだけで始められます。またシステム変更する際、不明な点があればサポートセンターに問い合わせする事もでき、サポート体制も充実している勤怠管理システムです。

 

AIがモチベーションを分析してくれる機能がある勤怠管理システム!

3つ目に紹介するのは「 jinjer」の勤怠管理システムで、スマートフォンやタブレット端末などマルチデバイスに対応しています。

そのため職場はもちろん、テレワーカーの自宅や作業場でも打刻ができる他、シフト作成も容易にできるので、場所を問わない勤怠管理システムと言えます。

またこの勤怠管理システムには、個々の社員の勤怠データを参考にしてAIがモチベーションの度合いなどを分析して担当者に報告するという機能が搭載されています。そのため、事前に休職や退職希望者を知る事ができ、社員の細かな変化に迅速に対応する事もできます。

機能も充実しており、打刻方法では利用シーンに応じて自由自在に組み合わせる事が可能です。スマートフォンなどの携帯端末を使ったチャットアプリでの打刻やカメラ撮影した人の笑顔で判定するといった機能も備わっています。

他にもシフト管理機能では誰でも容易にシフト作成できるよう操作しやすい管理画面となっています。スマートフォン一つで、休暇や残業などの申請もできるので余計な手間も必要ありません。

 

企業にとって勤怠管理システムは必要不可欠なものになってきている!

現在の勤怠管理システムは多機能で便利なものがそろっていると言えます。作業効率化や生産性の向上をさせるには勤怠管理システムは企業には必要不可欠なものになってきているのかもしれません。

それぞれの勤怠管理システムには他社との差別化を図るため、特徴ある機能が備わっているとも言えます。導入を検討している方は今回の記事を参考に、自社を力強くサポートしてくれるような勤怠管理システムを探してみてはいかがでしょうか。

 

関連記事