フレッシュボイステレワークパッケージ
CONTACT

テレワーク実現のための人気クラウドサービス5選

テレワークパッケージ トップ > テレワークとは >  テレワーク実現のための人気クラウドサービス5選

テレワーク実現のための人気クラウドサービス5選

安価な料金で導入できるWeb会議システム

Web会議システムを導入することで、日本各地に点在する拠点や海外拠点ともインターネットを通して映像や音声のやり取りが出来るようになります。Web会議システムを使えば、研修や会議のために時間をかけて出張する必要がなくなります。

また、海外拠点の現地人とのやり取りもWeb会議システムの映像を使えば、相手の表情が見えるため、意思疎通やコミュニケーションが取りやすくなります。

Web会議システムの大きな特長は、テレビ会議システムとは違って大掛かりな機材を揃える必要が無いことです。比較的安価な料金でスタートできることが魅力です。

これから初めてWeb会議システムを導入しようと考えている方には、サポート体制がしっかりしているFresh Voiceがおすすめです。
日本国内の大手企業や教育機関等の導入実績もあり、セキュリティ面も安心して利用できます。初めての方には無料トライアルがあるので、気軽に試してみることができます。

 

Eメールより簡単チャットツール

最近では、Eメールよりも簡単に相手に送信することができるチャットツールを導入する企業が増えてきています。チャットツールを利用することで、離れた場所とのコミュニケーションが可能になります。要件のみを送信できるので、電話やEメールよりも便利に使えます。

従業員が1箇所に集まっていなくても、従業員のスマートフォンやパソコンにビジネスチャットアプリをダウンロードしてグループチャットを利用すれば、離れた場所にいても円滑にコミュニケーションを図ることができます。

チャットを対顧客上に利用する企業もあり、電話での長時間の呼び出し時間を削減することができるため、顧客満足度の向上に繋がったり、ビジネスチャンスが生まれています。

 

データファイルはクラウドストレージで保管

データファイルをサーバーで保管している場合、社外からアクセスするためには、強固な独自のセキュリティを構築する必要があります。
​​​​​​​メールでデータを送信する際にも、誤送信での情報漏洩が心配だったり、受け取った方は大量なメールの処理や過去のメールからデータを探すことに時間がかかってしまいます。

データファイルはクラウドストレージを利用すれば、社外からのアクセスもセキュリティを気にすることなく簡単にアクセスできるため、処理時間の短縮に繋がります。

 

利用者が多い経費精算ツール

部署にかかわらず、社内の多くの人が使うツールとして導入されているのが、経費精算ツールです。
経費精算ツールを利用することで、自宅などの社外からも経費申請ができるため、従業員の経費申請に漏れが無くなったり、誤ったデータを入力する心配が無くなります。

経費精算ツールと同様に、勤怠管理ツールも社内全員が使うという理由で導入する企業がとても多いです。

 

作成から管理まで見積もり作成ツール

見積もり作成ツールを利用することで、見積もり作成者は過去のデータの蓄積から簡単に見積を作成することができます。経営者や管理者は案件把握ができるため案件管理に役立てることできます。

また、営業担当者や管理職の承認者が社外でもいつでも見積もりをチェックしたり、顧客提案に使用できるため、見積もり作成から発注までにかかる作業が短縮できます。

商品をカテゴリー別に分けたり、レイアウトを変更し自社の独自の見積もりを作り使いやすくすることができます。中には郵送代行機能が備わっているツールがあります。見積もり以外にも売上レポートや決算書まで作成してくれる機能があるツールもあります。

作成から管理まで便利に使える見積もり作成ツールを導入している企業も多いです。

 

関連記事